人気の電話占いにおいて依存してしまう人が多いので注意!

電話占いに依存してしまう人は少なくありません。口コミを参考に利用してみましょう。 - 口コミに見る!電話占いにおける依存症の実態

口コミに見る!電話占いにおける依存症の実態

質の高さから人気の高い電話占い。
しかし、その効果にしがみつき依存してしまう方も少なくありません。
そこで自分が電話占いに依存してしまうタイプではないか?
チェックポイントをご紹介します。

日常生活に支障をきたす

電話占いに限らず、多くの方が占いを受けたことがあるはずです。
もちろんテレビや雑誌の星座占いを連想していただいても構いません。
そんな時に、占いの結果によって、日常生活に影響を及ぼした経験がある方は要注意です。
ラッキーカラーを取り入れる程度ではなく、学校や会社を休む、食事を取らないなどは、依存症のリスクがかなり高くなります。

お金を費やしてしまう

占いの結果によって、車を買替えたり、引っ越しをした経験のある方も要注意です。
「占いがこう言っていたのに、これを使用していたらダメだ」という依存心の表れでもあります。

100%身を任せる

tytj
転職や結婚などの重大な転機を、占いの結果そのままに行動する方も危険です。
占いとは参考にするための要素であり、答えではありません。

占いのために借金をする

占いを受けたいがあまり、周囲や金融機関から借金をする方も存在します。
冷静になればわかるのですが、自分を救えるのは占いしかないという、重度の依存症の傾向です。

一度、依存すると抜けだせない

少しオーバーな言い方をしましたが、依存症への第一歩は「電話占いが好き」その気持ちです。
好きだからこそ電話占いを受け、当たり、リピートする。そして抜けだせなくなっていきます。
迷った時の有効な選択肢ではあるものの、追い込まれた状況の時に、周りに流されやすい方には特に注意が必要になります。
よく当たる電話占いと言えども、頻繁な利用を避けることが、依存症にならないための有効な手段といえます。
メールや電話占いの普及によって占いはますます手軽にできるようになりました。
その反面、占いジプシーと呼ばれる人も増えてしまいました。
どんな人がそう呼ばれるのでしょうか。対策はあるのでしょうか。

占いジプシーとは

自分の思った通りの結果がでないと不満になり、鑑定士をわたり歩く人のことです。
以下に特徴をあげてみました。

  1. 占いサイトを毎日チェックする
  2. 同じ質問を複数の人にする
  3. 言って欲しい結果がでないと不満に思う
  4. 占い師に相談しないと不安になる
  5. テレビの占いのような軽いものでも結果に一喜一憂してしまう
  6. 深刻ではない内容のことですらも占い師に訊かないと判断できない

占いが生活の大半を占めている人は占いジプシーや予備軍と言えそうです。
いまは手軽に占いができるため、依存症や占いジプシーが増えています。
実際になってしまった人の体験談や口コミを見て自分は大丈夫かどうか、相手の占い師がジプシーを作っていないかどうか今一度判断しましょう。

ジプシーにならないためには

占いに頼りきらないことです。占いはあくまで参考にするものだと理解しましょう。
1つの質問には1人の占い師と決めておくこと、同じ質問を繰り返さないこと。
卜占(タロットや易など)と呼ばれるものは同じ質問では占なわないのが基本です。
自分で判断できることは自分で判断する、現状を占い師以外の人、例えば病院のカウンセラーさんや信頼できる友人に相談する。

占いは対面であれ、電話占いであれ、あなたにアドバイスを与えるものに過ぎません。
特に未来に関することは100%当たることはまずないでしょう。
占いの結果をきいて、あなたが行動を変えればそれだけで未来は変わっていきます。
結果に振り回されずに、自分の人生は自分のものだという自覚を持ちましょう

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

2015/08/31

霊感商法にご注意の情報を更新しました。
2015/08/31

本当に怖い占い依存症の情報を更新しました。
2015/08/31

電話占いによるチャネリングの情報を更新しました。
2015/08/31

電話占いとメール占いの情報を更新しました。
2015/08/31

電話占い、サイトの選び方を新規投稿しました。

アーカイブ

電話占い